« ボブロス画材(2) | トップページ | 見本絵について »

2005年6月 9日 (木)

ボブロス画材(3)

今回はキャンバスについて書きます。号数の前にあるF (Figura)は人物、P(Paysage)は風景、M(Marine) は海の頭文字です。大きさはそれぞれ0号からあります。

ボブロスがTV番組(The Joy of Painting)で描いていたキャンバスの大きさはP12(455×609)でした。正確には18×24インチ(457.2×609.6センチ)です。風景画用の横長のキャンバスです。

教室で私たちが描いているのはF8(455×380)です。見本絵を描いていていつも思うことは、横に狭いのでレイアウトが少し変わってしまうこと、2インチの筆がキャンバスのサイズに対して大きすぎることです。

もっとも、見本絵を模写する目的は純粋にテクニックを学ぶことと考えれば何の問題もないのですが・・・。

ボブロス画材はここで買うことができます。

|

« ボブロス画材(2) | トップページ | 見本絵について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102758/4483436

この記事へのトラックバック一覧です: ボブロス画材(3):

« ボブロス画材(2) | トップページ | 見本絵について »