« ボブロス画法(7) | トップページ | TVとインターネット »

2005年9月13日 (火)

ボブロス画法(8)

描き方の基本は大きく分けると2つあります。常緑樹の例で説明します。
1.道具の使い方
道具とは絵の具と筆・ナイフとキャンバスの3つ
  
絵の具の色 
下地の色は青、黒、茶、えんじ、緑を混ぜて使いますが、下地の色(暗い色)+緑と考えて全ての色は必要ありません。
幹の色は茶と薄茶と白。ハイライトは下地の色に黄色をすこし足してください。
  
絵の具の量
筆がキャンバスに触るとベタと付くぐらい、たくさん筆先につけます。キャンバスに筆をつけても付かなかったり、絵の具が、かすれては絵の具の量は少なすぎます。
  
筆       
扇形の筆の角を主に使います。下に行くにしたがってだんだんと筆全体を使います。  
筆の角の三角の部分が下にいくほど大きくなっていくわけですね。

筆の角度  
ぐらぐらさせないで、ずっと水平に保ちます。
  
ナイフ    
幹を入れます。常緑樹の頭の部分を強調します。
  
キャンバス 
こすらないで、筆をそっと当てるだけです。
  
2.構図とかデッザン
ボブロス画法はボブロスの絵を模写することで学びます。

上の方から下に向かって少しずつ幅を広げていきます。このときにクリスマスツリーをイメージしてください。実際はツリーより凸凹した方がリアルですが。

上記の1と2は車の両輪の関係です。どちらが欠けてもいけません。習い始めの頃は2の模写に気を取られがちです。
1が出来ていないとうまく模写できません。

※常緑樹の描き方は、MyHomepageの「ボブロス画法の描き方」の「常緑樹の描き方」に詳しく載っています。

jouryokuju002

jouryokuju003

jouryokuju004

jouryokuju005

jouryokuju006

jouryokuju007

jouryookuju001


|

« ボブロス画法(7) | トップページ | TVとインターネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102758/5918444

この記事へのトラックバック一覧です: ボブロス画法(8):

« ボブロス画法(7) | トップページ | TVとインターネット »