« 2005年9月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 1日 (木)

模写と盗作

久しぶりの新規記事作成です。(^_^;)
最近、日本の有名な画家がイタリアの画家の絵を盗作したと問題になっています。模写と盗作、どこがどう違うのでしょうか。

ボブロス画法では、毎回教室でボブロスの描いた絵を模写して、彼の画法、テクニックを学んでいます。学ぶために模写をしていますが、これは正当な絵画の学び方で、多くの巨匠といわれる画家もしてきました。

では、盗作とはどんな場合になるのでしょうか。たとえばボブロスの絵を模写して、自分の創作した絵として周囲の人に話したり、コンクールに出したりすると盗作になります。

今回の事件で、気になったことがもう一つあります。日本の有名な絵画コンクールでの審査ってどうなっているのですかね。審査員が有名な画家に賞を与えておけば、間違いないという事なかれ主義になっていなければいいですが・・・・。

ともあれ皆さん、ボブロスの模写以外でご自分の絵を描いていますか。ぜひ、ボブロス画法で挑戦してみてください。

盗作された側のHPです。http://www.albertosughi.com/exhibitions_online.asp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2006年7月 »